• ホーム
  • > 仁科ゼミが「県政150周年記念ひょうご多文化共生のつどいKobe Global Charity Festival 「世界のふれあいひろば」」にボランティアとして参加しました。

TOPICS&NEWS

仁科ゼミが「県政150周年記念ひょうご多文化共生のつどいKobe Global Charity Festival 「世界のふれあいひろば」」にボランティアとして参加しました。

学部|2018.11.12

仁科ゼミの2年生、3年生、4年生は11月10日と11日、神戸中華同文学校で開催された「県政150周年記念ひょうご多文化共生のつどいKobe Global Charity Festival 「世界のふれあいひろば」」にボランティアとして参加しました。

神戸グローバル・チャリティ・フェスティバル(KGCF)は、フェスティバルやバザーを毎年神戸で開催し、その収益金をアジアの子供の教育のための慈善団体への寄付を目的に開催してきたイベントです。今回は、県政150周年を記念して、県内外国人コミュニティやNPO等と協働し、多文化ひょうごの魅力発信と多文化共生意識のさらなる向上を図るイベントを、神戸において37年の歴史を持つ国際的な教育支援のチャリティ・イベントと共同開催しました。運動会、各国料理屋台、子どもの遊びコーナー、校舎ではパネル展示、バザー等でボランティアとして参加しました。

詳しくは下記URLをご覧ください。

http://www.hyogo-ip.or.jp/supporter/20181111.html


 

神戸で英語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

http://kobegakuin-gc.jp